HOME > 印刷関連用語集

印刷関連用語集

DTP

Desk Top Publish の略でコンピュータ上で全ての編集作業を行ってしまうことです。これにより作業工程の短縮、製版作業の省略など、組版作業の大幅な省力化ができるようになり、付随して低価格で高品質な印刷物ができるようになりました。

CTP

Computer To Plate の略です。従来はDTPで制作したものをフィルム出力し、刷版を作りますが、CTPはフィルム出力を省略して刷版出力します。これによりフィルム代を節約することができますが、刷版は保存が利かないため、追加印刷をする場合再び刷版出力をする必要があります。まだ制約はありますが、単発印刷の場合には有効な手段です。

イメージセッタ

データを、直接フィルムや印画紙などに出力するための装置。最近では、CTPが可能なイメージセッターも出現しています。

オフセット印刷

オフセット印刷とは、版に凹凸のない平版の1つで、現在の印刷方式の主流を占める方式のことです。
印刷方法は、版に付けたインキを直接紙に転写するのではなく、版からゴムシートに移し(オフ)、それを紙などに転移(セット)して印刷をします。表面精度の比較的ラフな紙でも対応でき、刷版コストが最も安く、早く仕上がるので、様々な現場で活躍しています。

オンデマンド印刷

必要な時に必要な数量だけ印刷できオフセット印刷のように版を必要とせずデータから直接印刷物を出力する印刷方法の一つです。従来の印刷工程から製版等の中間工程をなくし、印刷物を短時間で仕上げられる印刷を指して「オンデマンド印刷」と呼んでます。

PDF

Portable Document Format の略。主としてAdobe Acrobatを使って作成されるファイル形式、またはそのファイルのこと。あるアプリケーションで作成したドキュメントをPDF形式で保存することで、元のアプリケーションがない環境でも、Adobe Readerという無償のソフトを使ってその内容を確認したり、印刷することが可能になります。現在、Web上でドキュメントを公開する際のデータ形式として広く利用されています。

RGB

色を決める要素となる光の三原色、赤(R),緑(G),青(B)の意味で色指定の方法の一つです。

プロセスカラー

シアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)、ブラック(K)の4色のインクの割合で色を表現する方法のこと。これに対して個別の色ごとにあらかじめ配合した特色インクを使う方法をスポットカラーといいます。

色校正

カラーの印刷物の仕上がりを事前に確認する作業。又は、イメージ通りに刷られているかを確認するための校正刷り。

見当ずれ・版ずれ

表裏の位置関係や同一印刷面の各色がずれないように、各色版の位置を合わせますが、その際に位置が合っていないことを「見当不良」「見当が甘い」などといいます。

掛け合わせ

カラー印刷の際に、2色以上のインキを刷り合わて色を再現すること。オフセット印刷では、主にこの掛け合わせによって少ない色数で様々な色を表現できます。

パンフレット、チラシ、カタログ、ポスターなどあらゆる印刷物は当社にお任せください。
フジイ・カラーリプロ 株式会社

〒546-0043
大阪府大阪市東住吉区駒川1-14-26
TEL 06-6714-8587
FAX 06-6714-6554